BLOG

  1. 保護中: 筆文字の底力:開運!書き初め企業講座

    マンパワーをひきだすには!初春に「開運するもの」は、なにか?ご存知でしょうか。様々思い浮かぶものはあると想いますが、運気を上げることに効果絶大なもの、それは「書き初め」です。「こんな年にしよう!」と、年初に一年を考え、自分の決意表明を考える人は多いものです。

    続きを読む
  2. 「インパクト」をお探しの方は、こちら

    2003年に東京渋谷に誕生した、「デザイン事務所:オパスグラフィカ」様と『毛筆DS』という新しいサービスを開始いたしました。毛筆によるお名前は、かなりのインパクトがあることは、ご承知かと思いますが、それが書道家によるものだと、完成度も高く引き立つものです。

    続きを読む
  3. ラジオ出演したお話

    先日、FMとやまで放送中の『BEAUTIFUL MOMENT』に出演させていただいた。

    続きを読む
  4. 山へ…ありがとうを込めて

    今年の日本三霊峰は、・・・?多くの影響がありましたね。山好きな方は、春から山に登ることを我慢し、夏にようやく登山を実行したという方や、また諦めて今シーズンは登山をされなかったという方、多くお話を聞きました。

    続きを読む
  5. 初めて明かす、出逢いの正体

    あの日、あの時、あの場所で・・・君に会えなかったら、僕らはいつまでも見知らぬ・・・福岡人と金沢人のまま♪ そう・・・ 彼女に出逢ったのは桜島、縁結びのご利益もあるという「月読神社」。

    続きを読む
  6. 保護中: アートシンキング+++企業研修

    ピカソのこの有名な話をご存知でしょうか。マーケットでファンに頼まれ、30秒で描いた絵を「100万ドルです」と渡し、ファンは驚いて「30秒で描いたのに!?」と。ピカソは、笑い「30年と30秒ですよ」と、答えたという話です。これはわかりやすい「芸術の値段」を伝える例にもでてきます。

    続きを読む
  7. 感謝と縁とあれとそれ

    5〜2年前、格言書道を頻繁にしていたころ、(あ!現在もやっていますよ♪)「縁」や「感謝」を書く人が、多く見られた。

    続きを読む
  8. 「好き」言葉について知ってる二三のこと。

    「好きな言葉はなんですか?」そう聞かれて、なんとお答えしますか?ちなみにわたくしの場合は小学三年生の頃から、「好きな言葉」と「座右の銘」は、変わらず同じです。

    続きを読む
  9. ひとふみに咲く えがおの花

    時々いただくお葉書に万年筆の綺麗な文字が、一筆添えてある。神社からの、年始の挨拶、お祭りの案内。そんなお便りに初めて返信をしたのは「あの時」の感謝を伝えたかったから。・・・あれは、数年前。大阪に仕事に出向いた際に、少し足を伸ばし飛行機に乗った。

    続きを読む
  10. パリ展へ

    数年前から「パリ」の話があったのですが、ようやく実現♪2019/11/15-17のJDSのパリ展に参加させていただきました。もう準備に焦りながらパンク状態で向かったのですが。。。

    続きを読む
  11. 登拝Tシャツ

    「登拝Tシャツ」通販でご購入は→こちら コンセプトデザインTシャツの誕生 「登拝Tシャツ」は、山を愛する人、ひろくは日本人に今一度、生命のルーツを思い起こして欲しいと、書家アーティスト槻岡果加梨が製作した「コンセプトデザインTシャツ」です。

    続きを読む
  12. 時期が来たので書道のあれこれ語ります1

    先日、「変な人ですが、危害はないので・・・」と紹介された、ナゾの書道家 つきおか かがり です(笑)その紹介こそ・・・ナゾ過ぎます(笑) 「修行が好き」と言ったから・・・のようです♪たぶん(笑)  さて、これまでも、「書道家になったキッカケ」をたびたび聞かれることが...

    続きを読む
  13. 前向きになる般若心経

    ナゾの書道家 槻岡果加梨は、なにを隠そう実は修行が好きなんです♪(笑)そう!お寺や神社にあるソレのことです。どうも興味が湧いてしまいます。ソレを体験し、自分の中でなにを感じるのか?「みてみたい」といった感じでしょうか。

    続きを読む
  14. やっぱ好きゃねん♪のわけ。

    さて♪人情の街大阪で、たくさんの出会いがありました。近隣の友人や従姉妹、金沢よりは近いからと2時間かけて会いにきてくれて、嬉しかったです。

    続きを読む
  15. 美文字への道・・・まずはコレ♪

    イザ!と、いう時。(どういう時?笑) やっぱり字がうまく書けたらなぁ、せめて、もう少しなんとか?この人みたいに・・・そう、思う人は案外多く。自分の字は「かなり汚い!」と思っているひとも、案外多く。

    続きを読む
ページ上部へ戻る