ブログ

御朱印 デザイン 依頼 承り

御朱印をもらって、「え〜?」って、経験ありませんか?

一頃、「御朱印ガール」が注目を浴びていましたが、時間が経つごとに御朱印を求めるひとは多いと感じています。

 
先日、友人から御朱印のについて話られることが重なったのです。

3件とも、喜び勇んで頂いた御朱印にがっかりして・・・
 
けど、そう思ってはいけないと思いながら、誰かに聞いて欲しかった・・・という内容。

 
そんな「がっかりした感覚」を感じてはいけないのですか?

精進が足りませぬか?

 
い〜じゃないのよぅ♪

カミサマは何もダメとは言ってない氣がします♪

残念なお話続きですが、トップの画像は、「残念な御朱印」と検索をかけた結果なので、決して冒涜しているとか言わないでくださいね♪

 
世の中には、御朱印をいただいたが、

◾︎「あまりにもヒドくて腹立たしい」

◾︎「ありがたみが全くない」

◾︎「むしろ書いたこの人は何も修行してない」

と、

残念で仕方なくて、blogにアップしているひとが多くいると言う、現実なのです。

 
これをお読みになっている、貴方はそんな経験ありませんか?
 
 
中には「バイト風のひとが、ハンコの向きまで間違ってた」と、丁寧にエピソードをかいてあるものもあります。

 
一生懸命にお書きになってるものもあると思いますが、そんな風に書かれたらやっぱり寂しいじゃないですか。
 
 

わたくしも友人に聞いて、すごく残念な氣持ちになりました。

 
そこで、

ご希望がございましたら、御朱印のデザイン、承ります!

ただ、デザインするだけでなく全国どちらでもレクチャー付きで書けるまでご指導したいと思います。

そして、デザインからレクチャーまで完全シークレットも可能です♪

 
 
御朱印はアート性が高いという理由でコレクションされている方も多いです♪

寺社オリジナルが定かではないと、少々困惑されてる方は、是非♪ 

 
詳しくは、お問い合わせください♪

 
わたくし思うのですが、「残念だけど価値のあるもの」、「価値がある残念なもの」、そのどちらも結果は「残念」なのではないかと思うのでございます。

皆さまはいかに〜♪

 
* SNS、お持ちの方は ↓↓ボタン↓↓ を ぽっちとナ♫ *

関連記事

ページ上部へ戻る